女性のAGAとは

日本人男性の3人に1人が薄毛で悩む中、最も多い症状が男性型脱毛症とよばれる「AGA」です。AGAは男性ホルモンが要因の脱毛症ですが、女性でもAGAになる場合があります。ここでは男性だけでなく女性にも多いAGAについてご紹介します。

加齢AGAのメカニズムを説明する上で重要なポイントとなるのが「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンです。血液中を流れるテストステロンは毛根の毛乳頭に入るとジヒドロテストステロンに変化し、このジヒドロテストステロンが毛母細胞に入ると細胞分裂を抑制し発毛を妨害します。さらにヘアサイクルを乱すことから抜け毛や薄毛を引き起こしてしまいます。

AGAは男性ホルモンが要因となるため男性だけの症状に思われがちですが、女性も男性ホルモンを体内に持っており、AGAを発症することがあります。女性がAGAを発症する重要な鍵となるのが、女性ホルモンです。男性ホルモンのテストステロンが脱毛を招くのに対し、女性ホルモンのエストロゲンは育毛作用があります。そのため女性ホルモンの分泌量が多い時はAGAのリスクはありませんが、加齢と共に女性ホルモンが減少すると男性ホルモンとのバランスが崩れ、AGAを発症するリスクが高まります。

女性ホルモンの分泌量の減少は加齢以外にも生活習慣の乱れやストレスなど様々な要因がありますが、詳細に関しては別頁にてご紹介します。さらに女性が知っておきたいAGAの対策法についてもご紹介しているので、そちらも併せてご覧下さい。