女性のAGAの原因

男性だけでなく女性にも多い薄毛の症状「AGA」が発症する原因はいくつかあります。様々な原因の中でも最も多いとされるのが「加齢」です。AGAは男性ホルモンが原因となる薄毛の症状ですが、女性の場合加齢と共に女性ホルモンの分泌量が減り、体内での女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れることでAGAを発症します。一般的に女性ホルモンの分泌量が減るのは閉経後とされています

毛女性ホルモンのバランスが崩れ、AGAを発症する原因の一つに「出産」や「経口避妊薬」が挙げられます。女性の場合、妊娠時や出産時に女性ホルモンのバランスが乱れやすく、ヘアサイクルも一時的に乱れ出産後に脱毛症状が現れることがあります。「分娩後脱毛症」と呼ばれるこの症状は一時的なものであり、それほど心配する必要はありません。また経口避妊薬を服用した場合にもホルモンバランスが乱れ、脱毛症状が現れる場合があります。

また「ストレス」や「生活習慣の乱れ」なども原因の一つとされています。ストレスが溜まると自律神経が乱れ、血管収縮を起こして頭皮の血行不良を招きます。睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足などの生活習慣の乱れも血行不良や育毛に必要な栄養素が行き渡らず脱毛症状の原因となります。

さらに「間違ったヘアケア」も原因となります。頭皮の肌質に合わないシャンプーを使用している場合や、洗いすぎ、カラーリングによるダメージなども健康な頭皮と毛髪を保つ妨げとなり脱毛症状を引き起こす場合があるので気をつけましょう。