女性のAGAの対策

女性のAGAの原因には加齢、出産、経口避妊薬の服用、ストレス、生活習慣の乱れ、間違ったヘアケアが挙げられますが、自分のAGAの原因を見極めて対策を立てることで症状を改善することができます。

加齢を防ぐことはできませんが、出産や経口避妊薬の服用による脱毛症状は一時的なものであり、出産後一定期間を過ぎるか経口避妊薬の服用を止めれば症状は改善します。

ストレスが原因の場合はストレスそのものを解消すればいいですが、ストレスのない生活を送ることは不可能であるため、できるだけストレスを溜めない生活を心掛けましょう。休日には趣味でリラックス、軽い運動で体をリフレッシュする方法がおススメです。またストレスを溜めない方法として「入浴」が効果的です。ストレスが溜まると自律神経が乱れ血管収縮し頭皮の血行不良を招くため、入浴によって頭皮の血流促進をしましょう。

また生活習慣を正すことも重要です。睡眠不足や食生活の乱れ、過激なダイエットは育毛に必要な栄養素を行き渡らせることができないため、健康な頭皮環境を保てずに脱毛を引き起こす場合があります。できればバランスの良い食事を心掛け、脂っこい食事は控えるようにしましょう。また飲酒やタバコなども控えると効果的です。

女性のAGAの原因

男性だけでなく女性にも多い薄毛の症状「AGA」が発症する原因はいくつかあります。様々な原因の中でも最も多いとされるのが「加齢」です。AGAは男性ホルモンが原因となる薄毛の症状ですが、女性の場合加齢と共に女性ホルモンの分泌量が減り、体内での女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れることでAGAを発症します。一般的に女性ホルモンの分泌量が減るのは閉経後とされています。

女性ホルモンのバランスが崩れ、AGAを発症する原因の一つに「出産」や「経口避妊薬」が挙げられます。女性の場合、妊娠時や出産時に女性ホルモンのバランスが乱れやすく、ヘアサイクルも一時的に乱れ出産後に脱毛症状が現れることがあります。「分娩後脱毛症」と呼ばれるこの症状は一時的なものであり、それほど心配する必要はありません。また経口避妊薬を服用した場合にもホルモンバランスが乱れ、脱毛症状が現れる場合があります。

また「ストレス」や「生活習慣の乱れ」なども原因の一つとされています。ストレスが溜まると自律神経が乱れ、血管収縮を起こして頭皮の血行不良を招きます。睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足などの生活習慣の乱れも血行不良や育毛に必要な栄養素が行き渡らず脱毛症状の原因となります。

さらに「間違ったヘアケア」も原因となります。頭皮の肌質に合わないシャンプーを使用している場合や、洗いすぎ、カラーリングによるダメージなども健康な頭皮と毛髪を保つ妨げとなり脱毛症状を引き起こす場合があるので気をつけましょう。

女性のAGAとは

日本人男性の3人に1人が薄毛で悩む中、最も多い症状が男性型脱毛症とよばれる「AGA」です。AGAは男性ホルモンが要因の脱毛症ですが、女性でもAGAになる場合があります。ここでは男性だけでなく女性にも多いAGAについてご紹介します。

AGAのメカニズムを説明する上で重要なポイントとなるのが「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンです。血液中を流れるテストステロンは毛根の毛乳頭に入るとジヒドロテストステロンに変化し、このジヒドロテストステロンが毛母細胞に入ると細胞分裂を抑制し発毛を妨害します。さらにヘアサイクルを乱すことから抜け毛や薄毛を引き起こしてしまいます。

AGAは男性ホルモンが要因となるため男性だけの症状に思われがちですが、女性も男性ホルモンを体内に持っており、AGAを発症することがあります。女性がAGAを発症する重要な鍵となるのが、女性ホルモンです。男性ホルモンのテストステロンが脱毛を招くのに対し、女性ホルモンのエストロゲンは育毛作用があります。そのため女性ホルモンの分泌量が多い時はAGAのリスクはありませんが、加齢と共に女性ホルモンが減少すると男性ホルモンとのバランスが崩れ、AGAを発症するリスクが高まります。

女性ホルモンの分泌量の減少は加齢以外にも生活習慣の乱れやストレスなど様々な要因がありますが、詳細に関しては別頁にてご紹介します。さらに女性が知っておきたいAGAの対策法についてもご紹介しているので、そちらも併せてご覧下さい。